C3の後継CPUは「C7」

Estherコア搭載製品の名称は「VIA C7」、2005年上半期に投入予定
思い切って飛びすぎ
4CPUまでのSMPに対応とか、スーパースケーラじゃないとか、随所にもの凄い思い切りが見られて中々興味深い。
FSB400MHzのBaniasバスだって言ってたのに800MHzになったんね。ふむふむ。
Intel系はOpteronみたいにNUMAになってないから4つもCPUぶら下げたら大変そうだなぁ。
まあ元があまり速くないから平気か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です